【Next.js】ReferenceError: document is not definedの解消法

Next.jsでjavascriptのdocumentを使用しようとしたところ、ReferenceError: document is not definedというエラーが出たので、その解消法をメモしておきます。

エラー内容

何も設定せずにdocumentを扱おうとすると以下のエラーが出るかと思います。

ReferenceError: document is not defined

解消法

windowがobjectの状態であればdocumentを扱えるようなので、if文でwindowの状態をチェック?します。

if (typeof window === 'object') {
    //documentを使う関数を入れる
}

まとめ

こういう系のエラーは対処が地味に面倒なこともあるので、簡単に解決できてよかったです。

対処法は他にもあるので、この方法でうまくいかないまたは別の方法を試したい場合はぜひ参考リンクをチェックしてみてください。

参考:Fixing Next js “ReferenceError: document is not defined”

ー この記事をシェアする? ー

  • 【Next.js】ReferenceError: document is not definedの解消法

この記事にコメントする

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。プライバシーポリシー利用規約が適用されます。